鮫川啓一牧場

ナニワライト 1971年4月29日生 鹿毛  栗東:荻野光男厩舎

父・フジオンワード  母・セブンバンコク

         


 新馬戦こそ6着でしたが(勝馬は後に華麗なる一族と呼ばれるイットー)デビュー2戦目で初勝利を挙げると、重賞のシンザン記念を含め4連勝。このシンザン記念は、管理する荻野光男厩舎・鮫川三千男牧場の生産馬にとっても嬉しい重賞初勝利です!
 クラシックへの期待も高まりましたが脚部不安もあり無念のリタイア・・・クラシックへの参戦はなりませんでした。
 古馬になって復帰しますが勝利を挙げることができずに、結局12戦4勝の成績を残して引退。引退後は鮫川三千男牧場に戻り種牡馬となりました。

 その後種牡馬も引退し、生まれ故郷でカツラノハイセイコの母コウイチスタアと長年牧場で功労馬として悠々自適の生活を送っていました。30歳を過ぎた功労馬2頭が牧場で元気に過ごしていたのは大変凄いことだと思います。コウイチスタアとナニワライトがパドックでのーんびりしている姿を今でも思い出します。
 コウイチスタアが亡くなった後、後を追うようにしてナニワライトも旅立ちました。天寿を全うして、今度は天から後輩たちの活躍を見守っていることでしょう。