鮫川啓一牧場

カツラノハイセイコ 1976年5月13日生 黒鹿毛  栗東:庄野穂積厩舎

父・ハイセイコー  母・コウイチスタア

   


 言わずと知れた「ハイセイコーの最高傑作」 1979年・第46回ダービー馬です。
1981年にも天皇賞・春を制し、今で言うGTのビッグタイトルを2つも手中に収めました。

 引退後は日本軽種馬協会で種牡馬入り。八戸・千葉各協会の種馬場で種牡馬生活を送り、ユウミロク(カブトヤマ記念・障害JGT馬、ゴーカイ・ユウフヨウホウの母)、テツノセンゴクオー(東京ダービー)、ハルナオーギ(北関東オークス)などを送り出しています。
 そのゴーカイは種牡馬としても障害のOP馬オープンガーデン(阪神スプリングジャンプ・中山グランドジャンプ2着)を輩出、カツラノハイセイコの血脈を立派に受け継ぎました。

 種牡馬引退後は栃木県の那須種馬場で悠々自適の生活を送っていました。この「スターリングモア一族」は長寿が特徴で、母・コウイチスタアや近親のナニワライトも30過ぎまで牧場で健在でしたし、本家の鮫川牧場では天皇賞馬・リキエイカンがシンザンの長寿記録まであと2週間の35歳まで長生きしました。

 2009年10月8日老衰のため永眠、享年33歳・・・・・・母コウイチスタアと同じ歳まで生き、天寿を全うしました。

 第46回日本ダービー入場券・・・レア物?(笑)